HARGは医療機関だけで受けられる薄毛治療!高い発毛率で薄毛に悩む人を救う

01

脱毛症にはさまざまな種類があり、それぞれに適した治療を受ける必要があります。HARG療法は、さまざまな脱毛症の改善に効果が期待できる画期的な治療法です。

一方で、全国でもHARG療法を受けることができる医療機関は限られています。ここでは、HARG療法についてご説明します。

脱毛症とは

脱毛症には、男性型脱毛症(AGA)や円形脱毛症、脂漏性脱毛症などさまざまな種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

男性型脱毛症(AGA)

頭頂部や前頭部の毛髪が減少することが特徴で、男性ホルモンが関係しています。男性にみられることが多い脱毛症です。

女性男性型脱毛症(FAGA)

びまん性脱毛症とも呼ばれます。女性にみられることが多く、頭髪が全体的に減少するのが特徴です。

中でも頭頂部の毛髪が減少しやすいという特徴があり、ホルモンバランスの乱れや血行不良をはじめとしたさまざまな原因で引き起こされます。

円形脱毛症

老若男女問わず発症する可能性がある脱毛症です。10円玉程度の大きさの脱毛がみられます。

牽引性脱毛症

毛髪をゴムでしばるなどすることで毛根に負担がかかり、生え際や分け目の毛髪が減少する症状です。

分娩後脱毛症

妊娠や出産を機にホルモンバランスが乱れることで、産後に抜け毛が増加します。

時間の経過と共にホルモンバランスが整い、自然に軽快することが特徴です。

脂漏性脱毛症

皮脂の分泌が過剰になり、毛穴が皮脂に塞がれることで炎症が起きて毛髪が減少します。

ホルモンバランスの乱れや間違ったヘアケアなどが原因です。

粃糠(ひこう)性脱毛症

毛穴がフケに塞がれることで炎症が起こり、毛髪が正常に発育できなくなることで毛髪が減少します。

こちらも、ホルモンバランスの乱れや間違ったヘアケアなどが原因です。

HARG療法とは

HARG療法とは、毛髪の再生に有効とされる「成長因子AAPE」を用いた発毛治療です。髪の毛を作り出す毛母細胞を活性化させることで、発毛を促します。

そのため、AGAに限らず円形脱毛症やしろう性脱毛症、老人性脱毛症などさまざまな脱毛症に高い効果が期待できます。

HARG療法の効果

HARG療法には、発毛と育毛の2つの効果が期待できます。

発毛

発毛機能の低下は、毛母細胞の衰退を意味します。その毛母細胞を「成長因子AAPE」によって活性化させることで、発毛を促すことができるのです。

活性化した毛母細胞は、自ら成長因子を分泌し続けられるようになり、長期的な発毛効果が期待できます。

育毛

毛髪は、毛母細胞が細胞分裂をくりかえることで丈夫に太くなっていきます。そのためには、毛母細胞に十分な栄養を供給しなければなりません。

HARG療法では、育毛を促すことができるとされる成分を毛母細胞に与え、育毛を促します。また、「成長因子AAPE」に含まれる「PDGF」には、毛髪が成長する期間を持続させ、毛髪を十分に成長させる効果が期待できるでしょう。

HARG治療は認定された医療機関でのみ受けられる

02

HARG療法は、全国180施設以上の医療機関で受けることができます。逆に、認定を受けた医療機関でなければHARG療法を受けることができません。

HARG療法は、非常に高い発毛率を誇る治療法です。発毛と育毛を促し、脱毛を抑制することで、毛髪を本来あるべき状態へと改善します。

また、毛髪の本数を増やすこともできるため、AGAや脱毛症だけではなく、毛髪のボリュームが少なくて悩んでいる人にもおすすめです。

民間療法は発毛率が高いとは言い難く、必ずしも望んでいる結果が出るとは限りません。費用や時間を無駄にしないためにも、HARG療法を受けることをおすすめします。

おわりに

HARG療法は、育毛と発毛の両方の効果を得られるとされる画期的な治療法です。脱毛症をコンプレックスに感じてストレスが溜まると、ホルモンバランスが乱れて脱毛症が悪化する恐れがあります。

そうなる前に、クリニックでHARG療法を受けましょう。

関連する記事