レーザーがおすすめ!タトゥー除去の方法とは?

shutterstock_588664589

タトゥーを除去したい理由は、結婚や妊娠、仕事など様々です。タトゥーを除去する方法としては、切除法や削皮、レーザーなどがあげられます。

どの治療法が自分に適しているのか、よく考えて選択しましょう。ここでは、タトゥーを除去する方法や注意点などについて解説していきます。

タトゥーの除去方法

タトゥーの除去方法の一つである切除法は、タトゥーがある皮膚を切除して皮膚を縫い合わせる方法です。小さいタトゥーであれば、1回の施術で完全に除去できます。

ただし、ある程度大きなタトゥーの場合は2~3回の施術が必要です。また、次回の施術までは3~6ヶ月の期間を空ける必要があるので、タトゥー除去に1年以上かかることがあります。

切除法は、縫合の跡が残ったり、傷跡が赤く盛り上がったりすることがあります。これは、縫合部分が外側へ引っ張られることでおこるものです。場合によってはケロイド状になります。

このようなリスクを低減する方法が、W状縫合です。このように、クリニックによっては独自の縫合方法で傷跡を最小限に抑える取り組みを行っていますが、傷跡はどうしても残ることを覚えておきましょう。

お尻や胸のタトゥー除去の注意点

胸やお尻はカーブしているため、切除法を行った後の縫合によって皮膚が引っ張られると、形が大きく崩れてしまいます。小さなタトゥーの場合でも起こるので、胸やお尻のタトゥーの除去を検討する場合は、よく考えることが大切です。

胸の場合、タトゥーが入っている部分を削ることで、このような事態を防ぐことができます。ただし、ミクロ単位の正確さが要求されるため、誰でもが行えることではありません。お尻は胸よりも皮膚が厚いので、比較的容易に削ることができます。

いずれの場合も、皮膚を必要以上に削ってしまうと治るまでに長い時間がかかると共に、傷跡がケロイドになるおそれがあるので、クリニックは慎重に選びましょう。

レーザーでタトゥーを除去

レーザーでもタトゥーを除去できます。なぜ、レーザーでタトゥーを除去できるのか確認しておきましょう。皮膚の治療に使用するレーザーには、下記の2種類があります。

・タトゥーの墨やメラニン色素に反応するレーザー
・皮膚細胞に含まれる水分に反応するレーザー

タトゥー除去には、タトゥーの墨やメラニン色素に反応するレーザーを使用します。また、レーザーには様々なものがありますので、それぞれの特徴については、カウンセリングの際に医師から説明を受けましょう。

レーザーをタトゥーに照射すると、墨の色に反応して瞬間的に高熱を発生させ、墨の色素が粉砕されます。粉砕された色素は、マクロファージという細胞が分解して体外へ排出したり、肌の新陳代謝によって生まれ変わったりして消えていく仕組みです。

色素はレーザーで除去できますが、タトゥーを入れるときに傷つけた皮膚は元通りにはなりません。これは、切除法でタトゥーを除去した場合も同じであるため、どちらの治療法を選ぶか決める際には、費用や傷跡の状態などを判断基準にしましょう。

ピコレーザーがおすすめ

shutterstock_443862076

タトゥー除去に使用する一般的なレーザーは、黒以外の色に反応しないため、多彩なタトゥーの除去には十分な効果を発揮できません。多彩なタトゥーを除去したいのであれば、ピコレーザーによる治療を受けることをおすすめします。

ピコレーザーは、赤や黄、緑や紫など様々な色に反応するため、カラフルなタトゥーを消したいという方は、まずカウンセリングだけでも受けてみましょう。また、ターゲットを絞って非常に短い時間だけ照射するので、痛みが少ないのもメリットです。

おわりに

タトゥーの除去方法には、切除法や削皮、レーザーなどがあります。この中でも効果が安定しているのがレーザーです。

ただし、どの治療法でも傷跡は残ってしまいます。レーザーでのタトゥー除去を選択するのであれば、様々な色に反応するピコレーザーがおすすめです。

いずれにしても、まずはカウンセリングを受けて、どの治療法が自分に適しているのかを見極めましょう。

関連する記事