男性のアンダーヘアがふさふさなのを喜ぶ女性はいない!男性のアンダーヘア脱毛

01

男性のアンダーヘアがふさふさとしていることに魅力を感じる女性は少ないでしょう。男性の脱毛はまだまだ浸透していませんが、さまざまなメリットがあるので検討してみてください。

ここでは、男性のアンダーヘア脱毛事情と医療脱毛について解説します。

男性のアンダーヘア事情

日本では、アンダーヘアの脱毛は一般的ではありませんが、ヨーロッパでは習慣化しています。また、昨今ではサッカー選手や芸能人がアンダーヘアを脱毛していることで、日本でもアンダーヘアを脱毛したいという男性が増加中です。アンダーヘアの脱毛を希望するきっかけとしては、以下のようなものがあります。

・スポーツ選手がアンダーヘアを脱毛していることを知った。
・他の部位を脱毛して無毛の快適さに気づいた。
・仕事柄、水着になることが多い。
・自己処理をしてアンダーヘアが濃くなってしまったため。

脱毛する男性は女性からの印象がよい印象を持たれやすいです。他にも、下着からアンダーヘアがはみ出さなくなるとともに、蒸れにくくなります。さらに、見た目の清潔感が増したり、ニオイがしにくくなるでしょう。

アンダーヘアの自己処理には、ハサミでカットしたりカミソリで剃ったりする方法がありますが、どちらも慎重に行う必要があります。

ハサミでカットする場合は、皮膚を切らないよう注意しましょう。また、カットするとアンダーヘアの先端が尖ってチクチクしてしまうことがある点も留意してください。

カミソリで剃る場合は、石鹸などを泡立ててから剃りましょう。VIOゾーンは非常にデリケートであるため、間違った自己処理は肌トラブルを招きます。カミソリで処理した後は、化粧水や乳液で保湿することが大切です。

アンダーヘアを放置する危険性

02

陰毛は汗をキャッチして湿度を高めるため、雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌が繁殖しやすくなると性感染症のリスクが高まり、それをパートナーにうつしてしまっては大変ですよね。

さらに、陰毛にケジラミが寄生するケジラミ症のリスクもあります。ケジラミは接触感染によって陰毛に寄生するので、性感染症と同じくパートナーにうつしてしまうことがあるため、可能な限り対処しなければなりません。

ケジラミ症は陰毛のかゆみがありますが、湿疹など目立った症状が現れないため、気づけない可能性があるので注意しましょう。

男性もアンダーヘアを処理するのはマナーと考えよう

女性だけではなく、男性もアンダーヘアを処理するのがマナーと考え、プロによる脱毛を受けることをおすすめします。特に、クリニックで受ける医療脱毛だと安心して脱毛することができるでしょう。

一方で、医療レーザー脱毛は比較的効果が高く、効果の持続期間も長いというメリットがありますが、施術時に痛みを感じるというデメリットもあります。

近年のレーザー機器は痛みを軽減したものがあるので、そういったことも考慮してレーザーの種類を選びましょう。なお、麻酔クリームを塗布してから施術を行うことが一般的であるため、いずれにしても強く痛むことはほとんどありません。

他にも、レーザー脱毛よりも低出力の光を繰り返し照射する光脱毛、毛穴に針を刺して電気を流し、毛根を破壊する針脱毛などがあります。光脱毛は比較的肌トラブルが少ない方法ですが、それだけ効果は医療脱毛より劣ると思ってください。針脱毛は施術中に痛みを伴います。

医療脱毛を受けたいのであれば、まずはクリニックでカウンセリングを受けましょう。

おわりに

アンダーヘアを脱毛する男性は増加中です。かといって、間違った自己処理は肌トラブルを引き起こす恐れがあるので、クリニックで医療脱毛を受けることをおすすめします。

医療脱毛を受けることで、日々の自己処理の手間を省くことができ、肌トラブルにみまわれる心配もなくなるでしょう。

関連する記事