VIOを自己処理する男性は要注意!間違ったアンダーヘア処理で起こる肌トラブル

01

男女ともにVIOラインを自己処理する際には、さまざまなことに注意が必要です。間違った自己処理は肌トラブルの原因になります。

とくに、男性の場合は普段からVIOラインに関心を持ってる方が少ないので間違ったケアをしてしまいがちです。そこで今回は、間違ったアンダーヘアの自己処理で起こる肌トラブルをご紹介します。

VIOを自己処理することで起こる肌トラブル

VIOを自己処理すると、どうしても多少の肌トラブルが起きてしまいます。どのような肌トラブルが起こり得るのかを知っておきましょう。

カミソリで繰り返し剃ると色素沈着が起こる

カミソリは手軽で一度に広範囲を処理できるので、多くの方が使用しているでしょう。また、コストが低いこともメリットのひとつです。しかし、肌への刺激が強いので、繰り返し剃ることで色素沈着が起こる恐れがあります。

また、カミソリ負けを起こしてヒリヒリとすることもあります。カミソリで剃ってもすぐに毛が生えてきて、必然的に繰り返し剃ることになるので、カミソリ負けや色素沈着が心配な場合はカミソリは使わない方がよいでしょう。

ハサミで中途半端に切るとチクチクして痛い

ハサミで陰毛を中途半端にカットするとチクチクして痛くなります。また、シェーバーを使用した場合にもすぐに毛が生えてくることで、チクチクして痛くなるでしょう。

02

ワックスや毛抜きで引き抜くと埋没毛を引き起こす

ワックスや毛抜きで陰毛を無理に引き抜くと、埋没毛になる可能性があります。埋没毛とは、皮膚の下に毛が埋もれた状態です。悪化すると毛穴に炎症が起こり、鳥肌のような見た目になったり色素沈着を起こしたりする可能性があります。

陰毛の脱毛には、通常の脱毛ワックスではなく、ブラジリアンワックスを使いましょう。なお、毛根を破壊する訳ではないため、一定期間経過すると再び陰毛が生えてきます。

また、脱毛ワックスを使った処理では、毛穴の向きや毛の流れを無視して引き抜くと、毛穴が広がってしまうことがあるため注意しなければなりません。さらに、肌の表面の角質まで一緒に剥がすため、肌が弱い人は避けた方がよいでしょう。

VIOは肌がデリケートなので自己処理の仕方に注意

VIOゾーンの肌は非常にデリケートであるため、自己処理は慎重に行うことが大切です。肌の状態が悪いときは避けましょう。間違った自己処理は色素沈着や埋没毛などを引き起こし、VIOラインの見た目を悪くしてしまいます。

おすすめの自己処理方法はヒートカッターです。ヒートカッターは陰毛を焼き切ることで処理していくもので、カミソリやハサミを使用したときのように毛先が鋭利にならないため、チクチクとした痛みを抑えることができます。

また、熱で焼き切るということで火傷を心配される方もいますが、肌に熱線が当たらないような設計になっているので、初めて使う方でも安心です。ヒートカッターには、Vライン用、Iライン用とさまざまな種類があるので、脱毛したい箇所に合わせて選びましょう。

VIO脱毛は医療機関に任せた方が安心

VIO脱毛を自分で行うことによる肌トラブルが心配な場合は、医療機関でVIO脱毛を受けるのがおすすめです。医療機関では、レーザー脱毛や光脱毛を受けることができます。

レーザー脱毛

医療レーザーであれば、半永久的な脱毛が期待できます。ただし、毛の濃さには個人差があるので何回かの照射が必要な場合もあるでしょう。

また、毛のメラニン色素に反応して脱毛していくので、皮膚へのダメージが比較的少ないというメリットもあります。しかし、太い毛に対してレーザーを照射した際には強い痛みを感じることや、コストがかかるといったデメリットもあります。

光脱毛

レーザーと比べて痛みが少なく、皮膚へのダメージも少ないというメリットがあります。しかし、レーザーと比べて毛が再び生えてきやすく、頻繁に通院する必要があるというデメリットもあります。

おわりに

アンダーヘアを自己処理するのであれば、カミソリやハサミではなくヒートカッターがおすすめです。無毛にすることはできませんが、毛の量を減らすことができます。

肌トラブルを起こさないように脱毛したい場合は、医療機関でレーザー脱毛や光脱毛を受けましょう。

関連する記事