脱毛男性は受け入れられる?男性が VIO脱毛をするメリット

shutterstock_326260010

女性の脱毛は浸透していますが、男性の脱毛はまだまだ浸透していません。そのため、脱毛したときに受け入れてもらえるのか不安に感じる人もいます。

実際のところ脱毛男性は女性に受け入れられるものなのでしょうか?そこで今回は、男性がVIO脱毛をするメリットなどについて解説していきます。

VIOとは?

そもそもVIOとは、女性の陰部の形をもとにして名付けられたものであるため、男性にとってのVIOについて確認しておく必要があります。

どの部分をVIOというのかをわからないまま施術を受けてしまうと、後悔することになるかもしれません。

Vライン

Vラインは、立った状態で正面から見えている部分です。陰部の周りだけではなく、お腹の下に生えている毛から陰茎の表面に生えている毛まで含みます。

Iライン

Iラインは、睾丸と陰茎の裏側にあたる部分です。Iラインを処理する際には、睾丸に生えている毛を脱毛することもできます。

また、睾丸は痛みに敏感な部位であるため、脱毛処理の際に痛みを感じる人もいますが、それほど痛みを感じない人もおり、個人差がある部分です。

Oライン

Oラインは、肛門の周りです。見えにくい部位ですが、脱毛処理をしている人が多いといわれています。

便が付着するため気持ち悪い、ゴルフなどのスポーツのときに違和感があるといった理由で脱毛する方が多いようです。

VIO脱毛をするメリット

VIO脱毛のメリットは次のとおりです。

・コンプレックスの解消
剛毛や多毛であることをコンプレックスに感じている場合、VIO脱毛によってコンプレックスを解消できる可能性があります。

性行為の際に、女性から「気持ち悪い」と思われたくないために、VIO脱毛を希望する人も多いです。

・清潔に保ちたい
陰毛があると、陰毛に汗や便が付着して不潔な状態になりやすいため、陰部を清潔に保ちたい方がVIO脱毛を希望する傾向があります。

・自己処理の手間が省ける
毛は、一度脱毛しても再び生えてきます。VIOラインを永久脱毛することで、自己処理の手間を省くことが可能です。

また、新しく毛が生えるとチクチクしてしまいますが、永久脱毛をすれば、そのようなわずらわしさからも解放されるでしょう。

VIO脱毛の効果

shutterstock_406182814

VIO脱毛の効果は、自己処理をするかクリニックで施術を受けるかで異なります。自己処理をする場合、カミソリ負けによって炎症が起きたり、化膿したりするリスクがあるため注意が必要です。

クリニックでレーザーによるVIO脱毛を受けるのであれば、そのようなリスクには晒されません。

ただし、施術内容によっては自己処理と比べて強く痛むというデメリットもあり、クリニックによっては麻酔を使用することもあります。

できるだけ痛くないほうがいいという方は、そのようなクリニックを探すとよいでしょう。

また、永久脱毛はクリニックでしか受けることができません。サロンでは、施術から1ヶ月後に従来の90%以上を満たす発毛が認められる脱毛処理しか受けられないため、毛が生えてくる度に施術を受けることになります。

VIO脱毛にかかる通院期間

VIO脱毛によって完全に無毛にしたいのであれば、定期的に施術を受ける必要があります。個人差はありますが、10~15回程度、期間としては1年半~2年ほど施術に通い続けることで、永久的な脱毛効果が期待できるでしょう。

大抵の場合、施術サイクルは1ヶ月半~2ヶ月となっています。長く感じるかもしれませんが、自力でケアした場合、永久脱毛できることはありません。

こういったことを踏まえると、あっという間と考えることもできるはずです。

おわりに

VIO脱毛をすることで、剛毛や多毛によるコンプレックスから開放されるとともに、デリケートゾーンを清潔に保つことが可能です。また、日々の自己処理のわずらわしさからも開放されます。

永久脱毛はクリニックでしか受けることができないので注意しましょう。

関連する記事