結局どうすれば髪は増えるの!?増毛・発毛・育毛の違いを徹底解説

01

髪を増やす方法には、増毛や育毛、発毛などがあります。これら、どの方法を用いても薄毛を改善させることができますがそれぞれにはどのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、それぞれの違いについて解説します。

髪はさまざまな方法で増やすことができる

髪を増やす方法はさまざまで、効果の現れ方にも個人差があります。一概にどの方法がよいのかとはいえません。まずは、頭皮や髪の状態を見てもらうことが大切です。

クリニックを受診すれば、頭皮や髪の状態を調べられると共に、薄毛の原因を突き止めることができます。

増毛とは?

02

増毛とは、人工的に髪を増やす方法のことです。毛穴に人工毛髪を直接植え付ける植毛とは異なります。主に、人工毛髪を自分の髪に結びつけたり、頭皮に貼り付けたりする方法です。植毛とは違い、施術ではメスを使用しないので、頭皮を傷つける心配もありません。

即効性があり、施術後すぐに増毛の効果を実感できます。耐久性が高く、装着したまま洗髪することができます。また、スポーツのような激しい運動をしていても、増毛部分に問題が起こることはありません。ただし、月に1回程度の頻度でメンテナンスが必要であるため、それをデメリットに感じる人もいるでしょう。

また、自分の髪に人工毛髪を結びつける方法では、自分の毛に負担がかかり、髪が抜けやすくなるのもデメリットです。

発毛とは?

発毛は、髪が抜けてしまった毛穴から髪が生えるようにする方法です。発毛のためには、ヘアサイクルを正常化させる必要があります。

髪は一定のサイクルで成長と脱毛、発毛を繰り返しており、薄毛のお悩みの方は、大抵このヘアサイクルが乱れ勝ちです。育毛剤を塗布したり、ハンドケアをしたりしてヘアサイクルを整えていきます。

施術の方法が育毛と共通していますが、医療的な施術によって髪を生やす方法を発毛と呼ぶのだと覚えておきましょう。

育毛とは?

育毛は、生えている髪の健康を保つとともに、強くする方法です。脱毛の原因はさまざまですが、その原因を特定して解消させつつ、体質に合わせたヘアケアでヘアサイクルを正常化させます。

育毛成分が含まれた外用剤やサプリ、シャンプーや石鹸などでケアしたり、プロによる施術を受けるのが効果的です。また、それだけでは健康な髪を育てることは難しく、頭皮と髪によい影響を与える生活をおくる必要があります。

頭皮と髪によい影響を与える生活とは?

まず、頭皮を健康に保つために、正しい方法でシャンプーをしましょう。1日に何度もシャンプーをしたり、洗浄力が強いシャンプーを使ったりすると、頭皮に刺激を与えて炎症を引き起こす恐れがあります。ほどよい洗浄力で、合成界面活性剤などの添加物の含有量が少ないシャンプーを使うとよいでしょう。

また、飲酒や喫煙を控えることも大切です。アルコールを分解する際には、頭皮と髪の健康を維持するために必要な栄養素が消費されるため、過度な飲酒は抜け毛の原因になります。タバコに含まれるニコチンには、毛細血管を収縮させる作用があるため、頭皮に十分な栄養を供給できなくなり、薄毛に繋がる恐れがあります。

飲酒も喫煙も我慢しすぎるとストレスになってしまい、それが薄毛に繋がってしまうことがあるので、難しければやめる必要はありません。大切なのは、健康に気を使いながらmできるだけストレスがかからない生活をおくることです。

発毛・育毛なら断然HARG療法がオススメ

HARG療法は、幹細胞から抽出した150種類以上もの成長因子を頭皮に注入し、毛母細胞を刺激して発毛・育毛を促す治療法です。発毛や育毛に関わる組織に直接アプローチするため、高い効果が期待できます。

平均、3ヶ月程度で発毛を実感できるとされており、時間がかかっても確実に髪を増やしたい方は、治療を受けることを検討してもいいでしょう。

おわりに

育毛と発毛、増毛はそれぞれ異なる意味を持ちます。自分にどれが必要なのかを調べるためにも、クリニックを受診することをおすすめします。特定のクリニックで受けられるHARG療法は、比較的短期間で高い発毛・育毛効果が期待できる治療法です。

薄毛に悩むことでストレスが溜まり、薄毛を進行させてしまう恐れがあるので、早めにクリニックで治療を受けましょう。

関連する記事