亜鉛と髪の成長には密接な関係がある?その詳細と摂取のポイントについて

01

健康な髪を育てるためには、様々な栄養素が必要なことをご存知でしょうか。特に亜鉛は、髪の成長に重要な働きをする栄養素です。

ただし、亜鉛を摂るだけで健康な髪が育つ訳ではありません。他にも様々な栄養が髪の成長に重要な働きをしているので、バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。

一方で、日本人は亜鉛の摂取量が足りていないといわれています。ここでは、亜鉛と髪の成長の関係と亜鉛の摂取のポイントについてご紹介しますので、参考にしてください。

亜鉛とは

亜鉛はミネラルの一種で、皮膚や粘膜の健康を維持する働きを持ちます。また、タンパク質の合成やDNAのコピーなど重要な役割を果たしているため、健康を維持するために必要不可欠な栄養素といえるでしょう。

亜鉛は、かきやうなぎなどの魚介類の他、肉類や藻類にも多く含まれています。

亜鉛と髪の関係性

02

髪はタンパク質で構成されており、亜鉛はタンパク質を合成する働きがあるので、亜鉛は健康な髪の成長に必要不可欠な栄養素です。どれだけタンパク質を摂取しても、亜鉛が不足していると健康な髪を作ることはできないでしょう。

また、亜鉛には薄毛の代表的な原因であるAGAの発症に関わる5αリダクターゼを抑える働きがあります。そのため、亜鉛はAGAのリスクを抑える効果があると考えられているのです。

なお、AGAは遺伝することがあるので、近親者にAGAの方がおられる場合は、日ごろから亜鉛を意識的に摂るように心がけましょう。

亜鉛の摂取のポイント

亜鉛は、18~29歳の男性で1日10mgの摂取が望ましいとされています。亜鉛を日常的に摂ることが難しい場合は、サプリメントを利用してもよいでしょう。

ただし、亜鉛の摂取上限である1日約45mgを超えないように注意してくださいね。サプリメントは1粒あたりの栄養の含有量が多いので、誤って2粒飲むだけで過剰摂取になる場合があります。サプリメントによって含有量が異なるので、記載されている注意点を守って利用しましょう。

亜鉛を過剰摂取すると、急性亜鉛中毒に陥る恐れがあります。頭痛や吐き気、発熱、下痢、腎機能障害などの症状が現れるため、十分に注意しましょう。

亜鉛を摂るときには、亜鉛の吸収をサポートするビタミンCやクエン酸を一緒に摂るのがおすすめです。レモンやグレープフルーツ、イチゴなどの果物類に多く含まれています。これらの食品も毎日のように摂ることが難しいので、サプリメントで補ってもよいでしょう。

亜鉛とビタミンCが一緒に含まれたサプリメントであれば、手軽に摂ることができます。

亜鉛の吸収を悪くする栄養素
亜鉛の吸収を促す栄養素がある一方で、吸収を阻害する栄養素もあります。

・カルシウム
カルシウムを過剰摂取すると、亜鉛の吸収が低下します。カルシウムは過剰摂取しにくい栄養素ですが、サプリメントを常用していると過剰摂取になりやすいので注意しましょう。

・食物繊維
食物繊維は亜鉛を含むミネラルと結合し、体内に吸収されずに排泄されてしまいます。海藻や穀物は特に注意しましょう。

・食品添加物
亜鉛の働きを抑える食品添加物には、ポリリン酸やフィチン酸などがあります。食品添加物はインスタント食品などに含まれていることが多いので、亜鉛の摂取を心がけている場合は注意が必要です。

おわりに

亜鉛は、髪の成長に必要不可欠な栄養素であるだけではなく、男性型脱毛症のリスクを下げる栄養素でもあります。そのため、薄毛を気にする方は意識的に摂りたい栄養素です。

しかし、亜鉛を摂るだけでは男性型脱毛症の発症を防ぐことはできません。発症してからどれだけ早く対処できるかが重要なので、薄毛に気づいた場合はぜひ専門治療を行っている美容クリニックにご相談ください。患者様の状態に合わせて適切な医療をご提供いたします。

関連する記事