AGAとは違うの?壮年性脱毛症とAGAの違いや症状、対処法について

01

男性型脱毛症(AGA)は聞いたことがあるけれど、壮年性脱毛症という名称は聞いたことがないという方もおられると思います。新たな脱毛症の登場かと、心配している方もおられるでしょう。

実は、壮年性脱毛症とAGAは同じものといってもよいものなのです。しかし、厳密には「男性型脱毛症=壮年性脱毛症」ではありません。

ここでは、壮年性脱毛症と男性型脱毛症の違いや症状、治療法などについてご紹介します。

壮年性脱毛症とは

壮年性脱毛症とは、男性型脱毛症の分類の一つです。10代~30代前半に発症する男性型脱毛症を「若年性脱毛症」、30代後半~50代に発症するものを「壮年性脱毛症」といいます。つまり、壮年性脱毛症は男性型脱毛症と同じものと考えてよいでしょう。

なお、正式には壮年性脱毛症という言葉は存在せず、一般的な呼称として用いられているに過ぎません。

壮年性脱毛症の原因

02

壮年性脱毛症の原因は男性型脱毛症の原因と同じです。ただし、壮年期の男性に多いストレスや生活習慣の乱れ、運動不足など様々な薄毛の要因が重なることで発症している可能性があります。

壮年性脱毛症は、男性ホルモンの中でも特に重要な働きをしているテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結合して作られるジヒドロテストステロンによって引き起こされるものです。そしてこのジヒドロテストステロンは、発毛に関わる毛乳頭細胞の受容体に結合すると、脱毛を促す信号を発信し、髪の成長を途中で止めてしまいます。

なお、壮年性脱毛症は、他にも次のような要因で発毛環境が悪くなります。

ストレス

ストレスを受けると自律神経が乱れ、血管が収縮します。これにより、頭皮への血流が低下して、髪の成長に必要な栄養が十分に行き届かなくなってしまうことがあるでしょう。

その結果、髪の成長状態が悪くなる可能性があります。また、喫煙や運動不足も血行不良の原因の一つです。

睡眠不足

睡眠中には、髪や爪、皮膚などの成長に必要な成長ホルモンが分泌されています。そのため、睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が低下して、髪の成長に悪影響が及ぶ可能性があるでしょう。

アルコールの過剰摂取

お酒を大量に飲むと、皮脂の分泌が過剰になることがあります。過剰な皮脂は毛穴を詰まらせて、髪の成長に悪影響を与える可能性があるでしょう。

また、大量のアルコールによって肝機能が低下し、髪の材料となるタンパク質が肝臓で十分に作られなくなり、薄毛に繋がることもあります。

壮年性脱毛症の治療法

壮年性脱毛症の治療法には、プロペシアやサガーロなどによる内服治療、ミノキシジルの塗布、成長因子を頭皮に直接注入して、発毛力を高めるHARG療法などがあります。

HARG療法

HARG療法は最新の薄毛治療法であるため、十分なエビデンスが得られていません。しかしながら、発毛力を高めるという根本的な治療であるため、多くの注目を浴びており、満足度の高い治療法と考えられています。

プロペシア

5αリダクターゼを阻害することでジヒドロテストステロンの生産を抑え、男性型脱毛症の進行を遅らせたり改善したりする効果が期待できます。服用を続けることで進行を抑えられる可能性がありますが、服用をやめると再び進行することがあるので、できる限り服用を続けることが望ましいです。

ミノキシジル

血管を拡張させて頭皮への栄養の供給を高めたり、発毛に関わる毛母細胞を活性化させたりすることで発毛を促します。また、細胞が一定期間で自然に壊れるアポトーシスという作用を抑制し、毛の成長を促す効果も期待できます。

また、プロペシアとミノキシジルは日本皮膚科学会により強く勧められているので、安心して受けることができるでしょう。

おわりに

壮年期脱毛症は、30代後半~50代にかけて発症する男性型脱毛症のことを指します。壮年性脱毛症と男性型脱毛症は同じものと捉えてよいでしょう。

原因も治療法も男性型脱毛症と同じですが、壮年期の男性はストレスやアルコールの大量摂取、睡眠不足などによって薄毛のリスクが高いので、まずはこれらを見直すことも大切です。

関連する記事