ハゲは早めの対処が肝心!薄毛を防ぐために今すぐ始めたい予防法

01

「両親が薄毛ではないから自分も薄毛にならない」と思っている方もいるのではないでしょうか。これは、半分正解で半分不正解です。

薄毛で多いのは男性型脱毛症(AGA)によるものですが、遺伝だけではなく生活習慣や食生活なども発症に関与しているからに他なりません。

つまり、両親が薄毛でなかったとしても、薄毛の要因となる生活習慣や食生活をおくっていると、男性型脱毛症になる可能性があります。ここでは、薄毛を防ぐために今すぐ始めたい予防法を紹介するので、参考にしてくださいね。

今すぐ薄毛対策をすべき理由

薄毛対策を始めるタイミングは早ければ早いほどにいいといえるでしょう。

男性型脱毛症は、進行性の病気です。一度、男性型脱毛症になると、少しずつ進行して薄毛の範囲が広がっていってしまいます。最終的には、髪が全く生えていない部分までできてしまうのです。

しかし、できるだけ早いタイミングで対策を始めることで、男性型脱毛症のリスクを低下させられる可能性があります。また、予防の意識を高く持っていれば、男性型脱毛症の発症にいち早く気づき、クリニックでの治療を開始できるでしょう。

一方、まだ大丈夫だろうと治療を先延ばしにすることで、かなり進行してから治療を始めることになる方はたくさんおられます。

生活習慣を改善しよう

02

男性型脱毛症の発症を防ぐために、まずは生活習慣を見直しましょう。睡眠不足はストレスに繋がり、ストレスは血流の悪化を招きます。健康な髪の成長には十分な栄養が必要であるため、血流が悪化すると頭皮への栄養が不足してしまうのです。

また、眠り始めの3時間のうち、熟睡しているときには成長ホルモンが多量に分泌されます。成長ホルモンは、髪を育てて頭皮の健康を保つために必要です。そのため、睡眠不足になると髪の成長が滞る恐れがあります。

さらに、熟睡できるように、睡眠環境を整えましょう。具体的には、寝るまえにスマホやテレビの画面を見ない、運動はせず静かに過ごすといった方法が挙げられます。また、毎朝同じ時間に起きて日光を浴びることも大切です。

喫煙は血流の悪化を招き、過度の飲酒は髪をつくるために必要なミネラルや亜鉛を消費してしまいます。どちらも薄毛の要因になるので、できるだけ控えるようにしてくださいね。

食生活を見直そう

健康な髪を育てるためには、タンパク質はもちろんのこと、ビタミンや亜鉛、ミネラルなどが必要です。栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

足りない栄養はサプリで補うことをおすすめします。サプリは1粒あたりの成分の含有量が多いので、過剰摂取に注意しましょう。

たとえば、普段からビタミンB群をある程度摂っており、足りない分をサプリで補う場合、食事から摂っている量を把握できないでいると、過剰摂取になる可能性があります。

適度な運動が大切

適度な運動は、血流促進やストレス解消など薄毛の予防に役立ちます。毎日20分程度のウォーキングやジョギングをおこないましょう。

ただし、無理は禁物です。毎日運動しなければならないというプレッシャーによってストレスが溜まると、かえって薄毛のリスクが高まる恐れがあります。

正しいヘアケア

間違った方法でシャンプーをすると、汚れをしっかり落とせなかったり、皮脂を落としすぎて乾燥したりする恐れがあります。正しいヘアケアを心がけることが大切です。

シャンプーをつける前に、しっかり湯で頭を洗いましょう。シャンプーを泡立てて頭につけていき、親指以外の4本の指でマッサージするように洗ってください。

そして、シャンプーの成分が残らないように、念入りにすすぎましょう。頭皮をすすぐように意識することで、すすぎ残しにくくなります。

入浴後は必ずドライヤーで髪を乾かしてください。

おわりに

男性型脱毛症は、遺伝や生活習慣、食生活など複数の要因が重なることで発症するといわれています。生活習慣や食生活を見直して、できるだけ男性型脱毛症を発症しにくい頭皮環境を整えましょう。

そして、薄毛の兆候がみられたのであれば、できるだけ早くクリニックを受診することが大切です。

関連する記事