何か頭がかゆい…?頭皮が乾燥しがちな人におすすめの湯シャンの効果と方法

1-01

洗髪は必ずシャンプーを使わなければならないと思っている方は多いのではないでしょうか。シャンプーをすることでフケが出るけれど、仕方なく使っているという方もいるでしょう。

実は、必ずしもシャンプーを使わなければならない訳ではないのです。

大切なのは、自分の頭皮環境に合わせて適切な方法で洗うことなので、フケが出る場合は湯シャンを試してみてください。特に、頭皮がガサガサと乾燥している場合に湯シャンがおすすめです。

ここでは、湯シャンの方法と効果についてご紹介します。

湯シャンはフケ対策になる?

水には、余分な皮脂を落とすだけの洗浄力があります。そのため、シャンプーを使うと必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮が乾燥しやすくなる可能性があるのです。

しかし、シャンプーにも髪に付着した雑菌や汚れを綺麗に洗い流せるというメリットがあります。そのため、髪がひどく汚れていたり、環境が悪いところに行ったりした場合にはシャンプーを使うことが大切です。

このような場合に湯シャンをすると、汚れがしっかりと落ちずに頭皮がダメージを受けてしまう恐れがあります。湯シャンをしてもよいときとシャンプーを使った方がよいときを見極めましょう。

湯シャンが向いている人

1-02

湯シャンは、元々頭皮が乾燥しやすい方に向いています。皮脂が多くて頭皮が脂っぽくなっていても、乾燥が原因で皮脂が多く分泌されている場合があるため、一度湯シャンを試してみてください。

元々皮脂が多く分泌されているのであれば、湯シャンで余分な皮脂を落とすと、翌日には同じように脂っぽくなっています。

もし、乾燥が原因で皮脂の分泌が多くなっていたのであれば、湯シャンをした翌日は頭皮環境が整っているでしょう。元々皮脂が多くて脂っぽい場合には、シャンプーを使用した方がよいかもしれません。

しかし、これには個人差があるので、様々な方法を試して、自分に合った洗髪方法をみつけるしかないでしょう。

なお、整髪料を使用している人に湯シャンは向きません。整髪料の多くは油分を含むため、湯シャンで落とすことができず、返って頭皮環境が悪化する恐れがあります。

また、シャンプーの香りで消されていた自分の体臭に気づき、コンプレックスを感じてしまう場合もあるでしょう。

このような場合は、香水を使用するなど体臭をごまかす工夫をすることをおすすめします。

湯シャンの方法と注意点

湯シャンは40℃以下の湯がおすすめです。40℃以上の湯はシャンプーと同じ程度の洗浄力があるといわれているので、皮脂を落としすぎてしまう恐れがあります。最初から湯シャンを毎日続けるのではなく、まずは2~3日に1回の頻度でシャンプーを使いましょう。

これは、毎日シャンプーをしていた人が急に湯シャンになると、皮脂の分泌が増加したり、酸化した皮脂が頭皮に残ったりしてしまうためです。

そして、頭皮が湯シャンに慣れてきたら、4~5日に1回の頻度でシャンプーを使うというように、回数を減らしていきましょう。あくまで、徐々にを意識することが大切です。

ただし、シャンプーをする日程を予め決めていたとしても、想定していたよりも皮脂の分泌が多い場合にはシャンプーを使うようにするなど、柔軟な対応を心がけていきましょう。

皮脂汚れが溜まった状態を放置すると、脂漏性皮膚炎などのトラブルが起こる恐れがあります。

湯シャンでしっかり汚れを落とすためには、入念に洗う必要がありますが、力を込めないよう注意しましょう。頭皮に負担がかかり、薄毛のリスクが高まる可能性があります。

おわりに

湯シャンは40℃以下の湯で行いましょう。最初は毎日湯シャンを続けるのではなく、2~3日に1回はシャンプーを使い、少しずつ頻度を減らしていってください。また、皮脂の分泌が普段よりも多いと感じた場合は、シャンプーを使いましょう。

頭皮の状態を毎日確認して、臨機応変に対処していくことが大切です。

関連する記事